SSブログ

ごちそうさん あらすじ ネタバレ 第1週 2話 [ごちそうさん]

スポンサーリンク











ごちそうさん 第1週 2話のあらすじ ネタバレです。




あまロスから抜け出せない人もいると思いますケド、


ごちそうさんも、どんどん面白くなりそうな予感です。



それでは、ごちそうさん第1週 2話のあらすじ ネタバレです。



ごちそうさん 第1週 2話 あらすじ


め以子は、洋食屋の娘。

筋金入りの「食いしん坊」



学校のニワトリのたまごを盗んだめ以子は、

祖母トラに

「盗み食いしない!」

と約束したものの、

お寺に備えてあった

赤い食べ物


それは、明治時代には珍しい「イチゴ」


初めて見る赤い食べ物は、もしかしたら腹痛になるかもしれない。



しかし、美味しそうで我慢できず・・・

め以子は同級生と、お寺のお坊さんを騙して盗み食いしてしまう。

母イクからも、トラからも叱られて、また夕飯抜きの罰。


しかし、め以子は初めて食べた「赤い食べ物」の事で頭がいっぱい。


め以子は「赤い食べ物」の正体を知りたくてたまらない。




その頃、両親の経営する洋食屋「開明軒」は営業中。


ご夫婦と男性一人の客。

ご夫婦が「パンではなくご飯を・・・」と頼むが


「フランス料理は、コック(父・大五)がご飯でなくパンでという考えでして・・・」とイク。


男性一人の客が「箸をいただけるかな?」と頼み、


コックの考えで、箸は出さないという。


しかし、箸を頼んだ客は、ナイフとフォークを上手に使って食事を進めていた。






次の日、洋食屋「開明軒」でお食事中の社長(お客さん)さんの

連れの女性のブローチが「赤い食べ物」の形をしていたことで

め以子は赤い実は「イチゴ」という名前だということを知る。



再び、食事に訪れた社長さんに、生のイチゴは手に入らないけどと

イチゴジャムをもらい、大喜びする。



一方、新聞に洋食屋「開明軒」の酷評記事が載ってしまい・・・・・

「箸」を頼んできた男性は覆面記者だった。




スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます