SSブログ

ごちそうさん あらすじ ネタバレ 3話 [ごちそうさん]

スポンサーリンク









朝ドラ ごちそうさん あらすじ ネタバレ 第1週 3話です。


洋食屋「開明軒」の酷評記事が新聞に掲載され、店に大きな波紋を呼びおこしていました。





お店のお客さんからもらったイチゴジャムを大事に大事にするめ以子。

指に少しずつつけ、少しずつ舐める。



イチゴジャムは、自分以外の誰にも食べさせない。



母・イクから、学校には持って行ってはダメと言われるが、言うことを聞かず持っていく。


学校の休み時間。

学校の池の前でこっそり舐めているところを同級生・源太

に見つかり、イチゴジャムの取り合いに・・・

そして、イチゴジャムを池に落としてしまう。




一方、酷評記事を書かれて、新メニューの開発に力が入る父・大五。

酷評記事の内容


コックは帝国グランドホテルで修業した身だという。

さすがによくできた料理ではある。

だが、味は本家の模倣でありこの店ならではというものは何もない。

食べなれた身からすれば、ただ真面目なだけで驚きも発見も面白みも無いのだ。

サービスはといえば、やはり町の料理屋の域を出ない。

にもかかわらず、一流店気取りで客に米の飯を出さず、箸も使わせない。

値も決して安くはない。

これなら、筆者はもうひと踏ん張りはずんで、

本家に食べに行く。なんとも中途半端な店であった。」




大五は、お金がかかる試作メニューを次々に作りだす。

そのことで、母イクとケンカになってしまう。



「あんたの料理は、押しつけがましいんだよ。

どうだ美味いだろ。俺の料理は本格的だろって。

お客さんはね。

あんたの腕前を拝みに来ているんじゃないんだよ。

ちょいと美味しいものをいい気分で食べたいんだよ。

お肉はゴハンで食べたいんだよ。

ナイフとフォークじゃ、せっかくの料理も味わえないんだよ。

そこをはき違えているから、

あんな記事書かれてしまうんじゃないかい」



「じゃあ、何作ればいいんだよ!教えてくれよ。もう、やってられるか!」

と、エプロンを脱ぎ捨て店を出ていく大五。



ごちそうさん3話のあらすじは、ここまでです。



イチゴジャム、少し同級生にあげていれば、池に落とすことなかったのに・・・

食いしん坊すぎですね。め以子は^^


このことで、同級生の源太に

「友達じゃない」と言ってしまいケンカになってしまいましたが・・・

早く仲直りするといいですね^^



スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます