SSブログ

ごちそうさん あらすじ ネタバレ 第1週 6話 [ごちそうさん]

スポンサーリンク








NHK ごちそうさん あらすじ ネタバレ 第1週 6話です。


まずは、5話のおさらいですよ。

め以子は、祖母トラのためにイチゴを探し走る。

ちょうど町では、人さらいの注意の張り紙が出ていた。


ひと気のない道、め以子は男に道を聞き、

案内してあげると手をつなぎ歩く。



ここまでが5話です。



それでは、NHK あらすじ ネタバレ 第1週 6話です。


め以子は、道を尋ねた男(不審な男)が「人さらい」と思い、男の手を振り払おうとするが

男は、手を離さない。

め以子は、男の手に噛みつき逃げ出す。



男は、め以子の後を追う。


しかし、その男は、め以子が探していた和尚さんに聞いた住所で

イチゴの研究をしている男だった。



イチゴのお供えをされていた仏様は、亡くなる前に

イチゴの研究をしていた「先生」だと言う。



イチゴの収穫出来る時期は、もう過ぎていて

イチゴ畑には、一粒も残っていない。


「探そう!どこかに残っているかもしれない」と男。



必死にイチゴを探す、め以子。


葉っぱをかき分け、3粒だけ見つかった。


ちょうどど、その頃洋食屋「開明軒」では、

帰りが遅いめ以子を心配し、母イクが探しに出た。


途中、同級生の源太と行きあい、

「俺も探す」と源太。



大事そうに、イチゴを抱えて帰る、め以子。




お腹がすいため以子は

「一粒だけ」とイチゴを頬張る。



道に迷い、雨が降り出してしまう。



め以子は、ぬかるみに足を取られ転んで、イチゴの袋を川に落としてしまった。

川に入り、イチゴの袋を拾うが、中から落ちて川底へ・・


必死に探す、め以子。

見つけた一粒は、め以子が踏んでしまって潰れてしまっていた。


そこに、め以子を探していたイクと源太がやってきた。



「め以子、あんた何やってんの!」


「イチゴ落としちゃって、おばあちゃんイチゴ食べたがっていたから」


「分かったから。早く川から上がりな。」


イチゴを探すのを諦めない、め以子。


「いい加減にしなさい。あんたが病気になったら、一番悲しむのはおばあちゃんでしょ。」



め以子は、母から頬を叩かれ川から上がり家路につく。



すっかり落ち込んでいるめ以子。



そこに、祖母トラが優しくめ以子を抱きしめる


「イチゴを探しに行ってくれたんだってね。ありがとう、め以子。」


「でもね。落としちゃった」




「ごちそうさま、め以子。」


「ごちそうさまは、『ご馳走さま』


昔は食事を用意するのは今よりも大変で、お客さんに食事を出すために

馬を馳せて走り回って食材を運んだものだよ。

そこまでしてくれた感謝に対して、『ご馳走さま』って言葉に込めたんだよ。

だから、ご馳走さまは、馳せ走らせるって書くんだよ・・・


だからね。ご馳走さま、め以子」




そこに、源太が走ってやってきた。


川から「イチゴ」を探し出して、届けてくれた。



祖母トラに、め以子はイチゴを食べさせてあげられました。


「ご馳走さま、め以子」






それから・・・・

赤ナスごはんとオムレツは


「オムレットライス」と名前を変え、

「開明軒」のオムレットライスは有名になりました。


後、祖母トラも亡くなり・・・・



大正11年

め以子は、すくすくと育ち、すっかり大きく成長しました。

背は鴨居に届くほど・・・・


立ち振る舞いは、全く変わらず、背だけは大きく大きくなってしまったのでした。



ここまでが、NHK あらすじ ネタバレ 第1週 6話です。

第1週の「いちご一会」は、め以子の幼少時代の話でしたね。





スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます