SSブログ

能年玲奈主演で『ホットロード』が映画化!嵐の二宮和也が相手役!?賛否両論! [芸能人]

スポンサーリンク




ホットロード 映画 あらすじ!ホットロード 映画 キャスト!ホットロード 映画 ネタバレ!ホットロード 映画 原作!ホットロード 映画 ヒロイン!ホットロード 能年玲奈!ホットロード 実写化!





先月終了したNHK朝の連続テレビ小説『あまちゃん』で
主人公・天野アキを演じた女優・能年玲奈(20)が、
来夏公開予定の映画『ホットロード』(三木孝浩監督)に出演することが決定した。

ホットロード 4-【電子ブック版】

ホットロード 4-【電子ブック版】
価格:368円(税込、送料込)




同作は80年代に「別冊マーガレット」(集英社)で連載された
同名少女漫画が原作で、

能年は暴走族の少年・春山に恋心を抱く14歳の少女・和希を演じる。




朝ドラ後の出演作選びが難航しているといわれていた能年だが、
同作は和希が母親への反発から万引きをしたり
金髪に染めるシーンもあり、

アイドル海女から不良少女への“転身”で
アキちゃんのイメージからの脱却を狙うようだ。

23.jpg



「ホットロード」は85~87年に「別冊マーガレット」(集英社)で連載された
紡木たくの代表作。1


4歳の主人公・宮市和希は母親と2人暮らし。
離婚協議 中の男と不倫を続ける母を見て
「誰からも必要とされていない」と感じた和希は非行に走る。

万引で補導されたことがきっかけで
不良少女に誘われ暴走族に入 り、
仲間の春山洋志にひかれていく――。

ホットロード 1-【電子ブック版】

ホットロード 1-【電子ブック版】
価格:368円(税込、送料込)




 単行本は700万部の大ヒット。
当時からドラマ化、映画化、アニメ化のオファーが殺到するも、
原作者が首を縦に振らなかった。

原作にはヒロインが自ら髪 の毛を金色にしたり、
コンパスの針で腕に入れ墨を彫るシーンも。
天真爛漫(てんしんらんまん)な能年からは想像もつかない
「じぇじぇじぇ」な内容だ。





 『ホットロード』は大ヒット作でありながら、
原作者の紡木たく氏は今まで実写化を拒んできたが、
能年にほれ込んだことで

「能年さんなら和希役を任せられる」とゴーサインを出した。
まさに能年ありきの企画であり、彼女を中心に制作は進んでいくことになる。

この発表に対して、芸能関係者は次のように語っています。




「能年の事務所は、異常なまでに次回作選びに慎重になっていました。
『あまちゃん』 の天野アキのイメージが強くなりすぎたため、
このままでは一発屋になってしまうと危惧していたようです。

当たり障りのない恋愛ドラマや青春映画のようなオ ファーも
多数あったようですが、すべて蹴ったようですね。

今回のオファーは不良少女という全くイメージが違う役柄で、
事務所幹部が『ホットロード』世代ということもあり、かなり円滑に進んだようです」
 
能年の注目度が急上昇した後だけに、かなり期待されている同作だが、
先行きを不安視する声も一部では上がっています。


2.jpg


映画専門家は次のようにコメントしています。

「正直なところ、実写化は今さら…という感が否めません。
制作会社や芸能事務所の幹部にちょうど
80年代に青春を過ごした世代が多いため、
こういっ た企画が持ち上がったようですが、
時代錯誤もいいところ。

映画のヒットは若い世代にウケるかどうかがポイントといわれていますが、
今の10代や20代が暴 走族文化を理解してくれるかどうか。
今どき、暴走族なんてギャグにしか映らないのでは…」


80年代とは、どんな時代だったのでしょうか?

6.jpg

昭和が終わりに近づき、日本社会はバブルへと一直線に突き進む。
何かが変わっていったがその何かがまだわからなかった時代。

7.jpg

若者のあいだでは暴走族文化のようなものがあり、
バブルに突入する変な空気感があった。

8.jpg


そして、株価・不動産のバブルが起こる。
日本企業が世界を制覇した」という物語がメディアで語られた。

物は豊かになり、金・不動産・株がまるで
泡(バブル)のように溢れ出てきた時代であったのだが、
心の拠り所を失った若者が暴走族などに走り、


9.jpg


竹の子のように原宿で踊り狂っていた浮き草のような時代が、
80年代のような気がします。



その心の空虚さを今の若い世代が理解できるのか?
これは非常に疑問になる部分ですね。


10.jpg


 作品の古さが命取りになる可能性もあるようだが、
若い世代の苦悩は普遍的なテーマでもある。監督と脚本家が原作をどう調理するのかが、出来不出来の分かれ目となりそうだ。

11.jpg

その脚本や演出を生かすためにもキャスティングが重要になってくるが、
能年の相手役である16歳の不良少年・春山のキャストについては
まだ発表されていない。

15.png



しかし、能年の映画出演を最初にスクープした「アサヒ芸能」(徳間書店)によると、

三浦春馬(23)、

16.jpg

佐藤健(24)、

17.jpg

嵐の二宮和也(30)などが

18.jpg


春山役の候補になっているという。

実年齢よりも原作に忠実な見た目を重視した結果のようだが、
いずれのファンからも「春山役はちょっと無理が…」との声が上がっており、
春山役のキャストが作品のカギとなりそうですね。


4.jpeg


この発表に対してファンの声は次のようになっています。
能年ちゃん好きだけど、実写版はやめて欲しい!
もっとやさぐれ感が欲しい。 能年さんだと甘ったるくなるわ。

5.jpg

金髪不良少女役って、あまちゃんといきなり正反対の方向に突っ走ったなー
ホットロード懐かしい。
けど実写化やめて。和希のあの雰囲気は実写化じゃ無理だよ。
全然違う感じになっちゃいそう
能年ちゃんがこの役をやる必然性があるのか?

20.jpg

【ホットロード】の春山役の候補が 二宮さんあがってますね~?!
三浦春馬くんや佐藤健くんも候補に あがってるみたいだけど、
久々にニノちゃんの演技が見てみたいな~([ハート]´?`[ハート])!

22.jpg

ホットロード・・・能年ちゃん。うん雰囲気あるかも。和希ってあんな髪型だもんね。
で春山がニノ??ちょっと見たいかも。

にのちゃんが春山?? もう少し若いイメージなんだけど… にのちゃんがやるならそれは絶対見たいっ

ホットロードとか(ノ∀`) 私は読んでなかったけどヤンキー好きな友達が絶賛してた記憶が(´・∀・`)
いくらなんでも、ニノに中学生役はムリでしょう。 噂てわ終わって欲しいレベルの話。

「ホットロード」が映画化ってまじ?! 能年ちゃんと二宮くん?
ハルヤマが二宮くん?ほんと?えーーーー!

いやいやいや、イメージは悪くないけど年齢的にどうよ? ていうか、
当時も熱狂的なファンが多かった作品だけど大丈夫なん???

3.jpg


このように賛否両論の「ホットロード」の映画化です。
果たして、映画のヒットで国民的女優への道を駆け上がるのか、
アキちゃんのイメージから抜けられずに一発屋になってしまうのか。

能年さんにとって、今後の芸能人生を占う重要な作品になりそうです。









スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます