SSブログ

芳賀優里亜 脱ぎ フルヌード「赤×ピンク」で妖艶なDカップを披露!! [芸能人]

スポンサーリンク




芳賀優里亜 脱ぎ!芳賀優里亜 画像!芳賀優里亜 脱ぎ 画像!芳賀優里亜 555!芳賀優里亜 動画!芳賀優里亜 仮面ライダーキバ!芳賀優里亜 赤×ピンク!芳賀優里亜 フルヌード!芳賀優里亜 ヌード!



『仮面ライダー555(ファイズ)』(テレビ朝日系)のヒロインなどで知られる
女優の芳賀優里亜が、主演映画『赤×ピンク』(来年2月公開)で
フルヌードを披露することが明らかになりました。

4.jpg


同作は、直木賞作家・桜庭一樹のライトノベル

【送料無料】赤×ピンク [ 桜庭一樹 ]

【送料無料】赤×ピンク [ 桜庭一樹 ]
価格:540円(税込、送料込)




『仮面ライダー』シリーズの演出で知られる坂本浩一監督によって実写化されたもの。

『赤×ピンク』の登場人物は、

2.jpg


子供の頃檻に入れられていたせいで、
檻の外で上手く生きていくことが出来なくなってしまったまゆ。

人に求められる役割を演じることが染み付いてしまったため、
「自分のしたいこと」が見つけられないミーコ。

女性恐怖症の、元空手少女の「皐月」。

彼女たちは毎晩、廃校の中のステージ で、檻の中戦い続ける。

そんな生き場所を見つけられない少女たちのものがたりです。

戦っている間だけは「生きている感じ」がする、
逆に言うとそれ以外の時間は確固たる自我を持てないまま、
ふわふわと流されている少女たちの話です。

特にまゆの話は秀逸で、なんともいえない不安な空気がよくかかれています。

3.jpg

芳賀さんは、性同一性障害に悩む空手家を演じている。
女性を相手に大胆な絡みに挑戦し、アクションも披露している芳賀は
「撮影は毎日刺激的でした。物語はもちろんですが、
練習を重ね挑んだアクションにもぜひ注目 してもらいたいです」とコメント。

4.jpg

公開された宣材写真では、芳賀が全裸で女性のお尻らしきものをつかんでおり、
乳首こそ見えないものの豊満な体をあらわにしている。

ネット上では
「よく脱いでくれた」「25歳とはいい時期」と称賛する声のほか、
「おっぱいでけえええ」「こんなに乳でかかったか?」とそのバストにも注目が集まっている。

5.jpg


「11歳でデビューした芳賀は、
ジュニアアイドルのグラビア雑誌『ピュアピュア』(辰巳出版)で
宮崎あおいや長澤まさみなどと同等の人気を博し、

6.jpg


『おはスタ』(テレビ東京系)の『おはガール』 としても活躍していました。

7.jpg

その後、15歳のときにドラマ『仮面ライダー555』で
ヒロインの園田真理役を演じて広く知られるところとなり、

その後も『仮 面ライダーキバ』や『仮面ライダーディケイド』などに登場するなど、
とくにライダーファンの間で馴染みの深い存在です。

8.jpg


ファッション誌 『Seventeen(セブンティーン)』(集英社)の
専属モデルとしても活躍していただけに、プロポーションはバツグンです。

9.jpg


その巨乳はDカップといわ れていますが、
プロモーション用の写真を見ると、もっと大きいように見えますね。

明らかに爆乳化しているので、ヌードには期待できるのではないでしょうか」と、
芸能ライターは語っています。

img7800310366509.jpg


芳賀は同じ事務所の“オシリーナ”こと秋山莉奈と仲がよく、
2010年には代々木に共同運営の「VEGI-FUL CAFÉ」をオープンさせている。

野菜ソムリエや食品衛生管理士の資格も持っているなど、
女優業以外も充実しているように見えるが、
ここに来てフルヌードを披露する狙いはなんなのだろうか。

10.jpg


「30歳を過ぎて行き詰まった女優が脱ぐわけではないし、
清純派としてのイメージを転換させたいというケースでもありません。

表現の幅を広げていき たいという一心でしょうね。




『赤×ピンク』は桜庭の初期の傑作として知られており、
“キャットファイト”という一見非現実的な内容ながらも、
それぞれの女性の成長と恋を描いていることで人気の高い作品です。


また、自らもスタントマンである坂本監督は、アメリカでも活躍した経験があり、
数多くのアクション映 画を制作しています。

それだけに、どんな世界観に仕上がるのかは見ものですが、
ここで“脱げる女優”として存在感を示すことができれば、
これから仕事の幅 が広がっていくのは間違いありません。


アクションもできて裸でも勝負できる20代女優となれば、貴重ですからね。
年のわりには芸歴の長い芳賀ですから、
20代後半に向けて、ここで一皮むけたいという想いなのでしょう」

4.jpg

同作は、芳賀にとって転機となる作品には違いないが、
世の男性諸氏、とくにライダーファンにとっても見逃せないヌードになることは間違いなさそうだ。




スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます