SSブログ

諸星和己、結婚を工藤静香か本田美奈子と考えていた?『有吉ゼミ』で未婚の理由激白! [芸能人]

諸星和己 BIRTHDAY LIVE-Volt-age40- 【DVD】

諸星和己 BIRTHDAY LIVE-Volt-age40- 【DVD】
価格:5,712円(税込、送料別)




元アイドルグループ光GENJIで歌手の諸星和己(43)が11日、
日本テレビ系のバラエティー番組「有吉ゼミ」に出演し、未婚を貫く理由を語った。

2.jpeg


諸星は結婚しない理由を「人とつきあうのが怖い。
本当にこの子でいいのかって思う」と話した。

その理由として、グループを25歳で解散した時のことをあげ、
「いろんな人が去った。昨日と明日が違う。サーっていなくなった。きついぞ」と話し、
交際してもまた女性が去っていくのではという不安があることを明かした。

そのため、結婚どころか恋愛さえできなくなってしまったという。

6.jpeg

しかし、アイドルとして活躍していた18歳の時には結婚を本気で考える女性がいたといい、
スタジオ内でその名前をあげると「えー!」と驚がくの声が響いた。

放送ではピー音で消された。元アイドルだという。

この番組「有吉ゼミ」を見た視聴者からは、
諸星さんに対しての非難ごうごうのコメントが寄せられている。

まず、光GENJIについて説明しよう。

4.jpg


1987年に「スターライトエクスプレス」という、大ヒットしたアメリカのミュージカルがあった。
これは、出演者が全員、ローラースケートをしながら歌い・踊るという、
当時は画期的な手法であり、世界的な大ヒットになった。

3.gif

その「スターライトエクスプレス」の来日公演があり、
それに合わせて、アイドルグループ「光GENJI」が結成された。

[DVD] 光GENJI/虹色夏物語

[DVD] 光GENJI/虹色夏物語
価格:2,363円(税込、送料別)



7人組のイケメン達が、ローラースケートを履いて勢いよく歌い踊る姿に、
当時の若い女性達の心はメロメロになったものだ。

当時の人気は社会現象と呼ばれるくらいに凄く、最後のスーパーアイドルと言われたほどである。

その光GENJIのリーダーだったのが、諸星さんである。

10.jpg


ただ、当時から本人の我儘な性格というか、
だらしのない下半身については、業界内でも眉をひそめる人が多く、
人気が落ちた後は、全ての人が去っていってしまったのが現状である。


例えば、後輩にあたるキムタクを苛めていたとか、

6.jpg

当時の女性アイドルグループ「おニャン子クラブ」のメンバー達を入れ食いしたいた等、
裏でかなりの乱行をしていたようである。

7.jpg


諸星は、「アイドルも遊びたい年頃なのに恋愛を禁止されたりしているから、
遊ばせてあげていた」なんてうそぶいていた。


とくに、「おニャン子クラブ」の20~30番代は「かーくんゾーン」と呼ばれ、ほとんど手を出したらしい。


8.jpg


しかし、先輩の布川敏和の妹もおニャン子の30番台に在籍していたため、
手を出す直前に布川に怒られて止めたという。

このような話を聞くと、芸能界というのは、本当に恐ろしいところだと思いますね。

ちなみに、「おニャン子クラブ」の20~30番代は次のようなアイドルがいました。

会員番号20 寺本 容子    てらもと ようこ
会員番号21 五味岡たまき  ごみおか たまき
会員番号22 白石麻子    しらいし まこ
会員番号23 林香織     はやし かおり
会員番号24 三田文代    みた ふみよ
会員番号25 吉沢秋絵    よしざわ あきえ
会員番号26 赤坂芳恵    あかさか よしえ
会員番号27 松本亜紀    まつもと あき
会員番号28 横田睦美    よこた むつみ
会員番号29 渡辺美奈代   わたなべ みなよ
会員番号30 三上千晶    みかみ ちあき

会員番号31 矢島裕子    やじま ゆうこ
会員番号32 山本スーザン久美子 やまもと すーざん くみこ
会員番号33 布川智子    ふかわ ともこ
会員番号34 弓岡真美    ゆみおか まみ
会員番号35 岡本貴子    おかもと たかこ
会員番号36 渡辺満里奈   わたなべ まりな
会員番号37 大貫かおり   おおぬき かおり
会員番号38 工藤静香    くどう しずか
会員番号39 高畠真紀    たかばたけ まき
会員番号40 生稲晃子    いくいな あきこ


確かに、ふっ君の妹が33番。
キムタクの奥さん工藤静香が38番にいますね。

これらの女性を次々と入れ食いしていったようですね。


9.jpg


さすが、超トップアイドルの諸星さん。乱行も超ハイレベルですね。


幾ら人気商売で、人気至上主義の芸能界でも、
性格が悪いと長く生き続けることは困難です。

芸能界でも大御所と言われる方々は、
本当に謙虚で人間的にも尊敬できる人でなければ
人気を持ち続けることは不可能なのですね。

最終的には、どこの世界でも同じですね。これも宇宙の法則なのでしょうか。


話を諸星さんに戻しましょう。

6.jpeg

18歳の時には結婚を本気で考える女性がいたと言っていますが、
多くのファンの間では次のような憶測が飛んでいます。

当時に付き合っていた工藤静香のことだろう。

13.png


いや、写真撮られたんだから本田美奈子さんでしょう。


12.jpg

でも、諸星君が結婚したかったのは、どちらの女性でしょうか?

ちなみに、工藤静香はジャニーズのイケメン達が好きなのは周知の事実ですよ。

13.png


 
植草克秀→田原俊彦→諸星和己→キムタクと次々とイケメン達と付き合っていました。

14.jpg


15.jpg


16.jpg


18.jpg

ヨシキさん・的場さん・事務所の社長などなどと
 
付き合ってた頃も、諸星くんとは続いていたみたいです。
 
工藤静香は、キムタクと結婚する直前まで、諸星君と付き合っていたのは本当みたいですよ。


19.jpg

 
ファンの間では、光GENJI時代からずっと噂ありましたしね。
と芸能関係者は語っています。

またまた、芸能界の恐ろしい内情ですね。

諸星さんは、グループを25歳で解散した時に、
「いろんな人が去った。昨日と明日が違う。サーっていなくなった。きついぞ」と話し、
交際してもまた女性が去っていくのではという不安があることを明かした。

しかしながら、これだけの乱行をしていると、流石に人は去ってゆくものですよ。 やはり悪い行いには、悪い結果が起きるものですよね。

それも因果報恩ではないかと思いますが。。。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

太川陽介 路線バスの旅 高視聴率の秘密!これは現代の「東海道中膝栗毛」だ! [芸能人]

太川陽介 路線バスの旅 再放送!太川陽介 路線バスの旅 YouTube!太川陽介 路線バスの旅 次回!太川陽介 路線バスの旅 テレビ東京!太川陽介 路線バスの旅 視聴率!太川陽介 蛭子能収!太川陽介 蛭子 旅!太川陽介 ルイルイ!

1.jpg


今、異色の旅番組が高視聴率をあげている。
その名も「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」
テレビ東京が作成するホノボノ旅シリーズ番組だ。

3.jpg

元アイドルの太川陽介さんと漫画家の蛭子能収さんの、
でこぼこコンビが織り成す人情味溢れる旅物語である。



正にこの番組は、
江戸時代に大ベストセラーとなった十返舎一九の代表作
「東海道中膝栗毛」が、

数百年の時空を超えて21世紀に舞い降りた
現代の「弥次喜多珍道中」である。

4.png

この「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」は一般の旅番組とは異なり、
このでこぼこコンビに女性ゲスト(女優、タレント。番組では「マドンナ」と称している)1人を加えた3人が、
日本国内にある路線バスを乗り継いで3泊4日の日程内に目的地への到達を目指すというものだ。

5.jpg

路線バスを使って時間内に目的地に着かなければならないのに、
漫画家の蛭子さんは何時も無頓着で無計画、
自分の本能のままに行動しようとする。

更には我がまま性格が災いし、マドンナといつもイザコザを起こしてしまう状態。


6.jpg


それにしても蛭子さんって、全く芸能人らしい雰囲気が無いですね。
本当に全くと言って良いほど、芸能人オーラが無い。
それなのにスクリーンに映ると何故だか憎めない
なにかフェルモンのような波動を出しているのですよね。


7.png

とにもかくにも、事前にあまり計画を立てずに、
時間内で路線バスだけを使って目的に着くというのが
この「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」の特徴なのです。

ですから、バス時刻によっては、有名な観光地を素通りしなければならず、
非常に勿体無いと思いながらも、逆に、
殆ど知られていない秘密の観光地に辿り着いたりする。
その筋書きの無いドラマが、この番組の真骨頂ですね。

そんな他愛のないような、この旅番組の視聴率が凄いのです。

20.png


2007年10月20日放送の第一回が 12.7%を始めとし、
2012年9月1日放送の第12回以降は、12%以上を常に記録。

そして、2013年8月31日の第15回は、13.2%と言う、
こういった旅番組では信じられないような高視聴率を記録しているのです。


その秘密は何なのでしょうか!?

それは、この人、元アイドルの太川陽介です。

9.jpg


我がままで、無計画・無頓着の蛭子能収をうまくまとめ、
マドンナとの仲を取り持ちながら必死になって目的地まで到着しようとする姿に
爽やかな感動を与えているのです。

太川さんは、知る人ぞ知る、超売れっ子のアイドルだったのです。





1977年にシングル「Lui –Lui(ルイ・ルイ)」が大ヒットし、
その年の第19回日本レコード大賞を初め、各音楽大賞の新人賞を獲得しました。

この年の活躍を覚えている人がいれば、それはかなりのお歳のかた(失礼)
かもしれませんが、本当に凄い活躍でした。


11.jpg

非常に愛くるしい笑顔で、親指と人差し指をLの字の格好にし、
Lui-Lui(ルイ・ルイ)と叫ぶポーズが太川のトレードマークとなり、
多くの女性のハートを釘付けにしたのでした。


12.jpg


更には、1978年よりNHK総合「レッツゴーヤング」の司会を務めるなど、
昭和50年代を代表するアイドルだったのです。

「レッツゴーヤング」という番組は、その当時、売れていたアイドル達が集まり、
そのキラキラした歌を披露する、昭和時代の素晴らしい歌番組だったのです。

13.jpg


実は、この「レッツゴーヤング」の司会をしていた時の経験が、
今の太川さんの特殊なキャラクターを作り上げているのですね。

売れているアイドルというのは、実は、我儘な人が多いもの。
その我儘なアイドル達を取りまとめるのが、太川さんの司会者としての仕事だったのです。

その時に、彼の性格が練り鍛えられたのでしょうね。

8.jpg

「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」で、蛭子さんが観光に来ているのに民宿で無く、
ビジネスホテルに泊まりたい。食事はご当地の名物でなく、カレーや丼を食べたい。

14.jpg

計画に無いのに、いきなりぶどう狩りにゆくなど、
滅茶苦茶な行動を取っても、冷静に、しかも、人情味溢れる対応をしているのです。

15.jpeg


お笑い芸人の御茶ノ水博士などは、
「蛭子さんをコントロール出来るのは、芸能界広しといえども、
あの太川さん以外にはいない。」とまで言わしめているのである。

15.jpg

昭和50年代のアイドル 太川陽介さんも、今年で54歳。
アイドルのオーラをどこかに残しながらも、
実は「頼れる叔父様」という存在になっているのです。

16.jpg

太川・蛭子の野次喜多ミスマッチ。麗しいマドンナの香りに、
頼れる太川さんの人間味のある調整能力が混合・合体されて、
この「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」の高視聴率が発生しているのだと思います。

これからも、ホノボノとした旅番組を楽しみましょう。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

須藤凛々花 AKBドラフト1位指名!町田高校に通う秀才! [AKB 48]





プロ野球のドラフト以上に興奮した新人選手選択会議があった。
それが、AKBグループドラフト会議である。

1.jpg



明日のアイドル、スターを目指す乙女達が日本各地から、
東京・グランドプリンスホテル高輪に集まってきた。

3.jpg


小学生から高校生まで多種多様の個性と、
どこか光り輝く才能を持ち合わせたアイドルの卵達の集まりである。

4.jpg


自己PRのトークの後に、歌と踊り、
一人一人が先輩達の前で自己の存在をアピールする。


6.jpeg


そのヒタムキな姿は、見ていて美しい。
見る者に純粋な波動を与え続ける君達こそが、
スターと呼ばれる光り輝く存在そのものだ。

その夜空にちりばまれた数多くの星の中で、
ひときわ強い輝きを放った星があった。

それは、最多3チームから1位指名を受けた須藤凛々花さん。


7.jpg


自己採点では、歌やルックスには全く自信は無いけれども、
根性と知性は最高点という。


8.jpg


毎朝5時48分に起き、携帯の暗証も48。
受験番号も48という、
「48」という数にこだわり続けている16歳の高校生だ。

9.jpg


偏差値は67以上で、クラスでは成績は1番らしい。
ちなみに本人は、哲学者を目指したいという才女である。


アイドルには知性は必要ない!
という声も聞こえてきそうだが、最近のアイドルはトークが出来ないと駄目!

10.jpg


歌って踊れるだけだと、これからのアイドルは務まらない。
歌って踊って、そして、バラエティーでも笑いを取れる。
そんな三拍子揃ったアイドルこそが、これらの理想のアイドル像なのである。


そして根性。

12.png


AKB48のDVDであれば、トイレにも行かず24時間見続けることが出来るという、
骨の髄までAKBファンなのだ。

AKBオタクというオジサン達のグループがあるが、
そんなオタクなんて目じゃない。

凛々花ちゃんこそが、本当のAKBオタクなのだ!!






本人が最低点を付けたルックス!

13.jpg


皆さんは、どのように採点しますか?

それは、飛びっきりの美人ではないかもしれないが、勿論ブサイクでもない。

でも、どちらかと言うと、純粋な感じで、
非常に好感を持てる顔つきのように感じるのは私だけではないはずだ。

14.jpg

アイドルというのは、何よりも人に嫌な感じを与えないというのが第一の条件である。

可愛いとか美人とかという前に、
「爽やか」な印象を与えることが出来ないと
厳しい芸能界でアイドルとして存在し続けるのは難しいのだ。

そいういう点では、須藤凛々花ちゃんは、大きなポテンシャルを持っている逸材である。


SKE48のチームKIIとE、そして、 NMB48のチームNの三つのチームが1位指名!
その中で、交渉権を獲得したチームNのキャプテンの山本彩!





15.jpg


「すごいキャラクターが強い。トークの時、印象的だった。
イメージが強くて、目で追っちゃってて、惹かれた」と須藤さんの個性を絶賛した。

16.jpg


浪速のチームNから指名された須藤さんは「とても光栄」と喜ぶも、
「1番指名されなさそうなチームの人から…」と予想外だったことを明かすと、
場内は爆笑の渦に。さらに、「こんな体育会のチームから…」という発言も飛び出した。


17.jpg

須藤凛々花ちゃんの特徴は、
このように、可愛いアイドル声で話し天然を振りまきながらも、
その会話の中で、実は自然に笑いを取っているのだ。

これこそが、庶民に受け入れられる21世紀のアイドルのように思う。

これから、須藤凛々花ちゃんの活躍を期待しよう。

須藤凛々花ちゃん、頑張ってね。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

芳賀優里亜 脱ぎ フルヌード「赤×ピンク」で妖艶なDカップを披露!! [芸能人]

芳賀優里亜 脱ぎ!芳賀優里亜 画像!芳賀優里亜 脱ぎ 画像!芳賀優里亜 555!芳賀優里亜 動画!芳賀優里亜 仮面ライダーキバ!芳賀優里亜 赤×ピンク!芳賀優里亜 フルヌード!芳賀優里亜 ヌード!



『仮面ライダー555(ファイズ)』(テレビ朝日系)のヒロインなどで知られる
女優の芳賀優里亜が、主演映画『赤×ピンク』(来年2月公開)で
フルヌードを披露することが明らかになりました。

4.jpg


同作は、直木賞作家・桜庭一樹のライトノベル

【送料無料】赤×ピンク [ 桜庭一樹 ]

【送料無料】赤×ピンク [ 桜庭一樹 ]
価格:540円(税込、送料込)




『仮面ライダー』シリーズの演出で知られる坂本浩一監督によって実写化されたもの。

『赤×ピンク』の登場人物は、

2.jpg


子供の頃檻に入れられていたせいで、
檻の外で上手く生きていくことが出来なくなってしまったまゆ。

人に求められる役割を演じることが染み付いてしまったため、
「自分のしたいこと」が見つけられないミーコ。

女性恐怖症の、元空手少女の「皐月」。

彼女たちは毎晩、廃校の中のステージ で、檻の中戦い続ける。

そんな生き場所を見つけられない少女たちのものがたりです。

戦っている間だけは「生きている感じ」がする、
逆に言うとそれ以外の時間は確固たる自我を持てないまま、
ふわふわと流されている少女たちの話です。

特にまゆの話は秀逸で、なんともいえない不安な空気がよくかかれています。

3.jpg

芳賀さんは、性同一性障害に悩む空手家を演じている。
女性を相手に大胆な絡みに挑戦し、アクションも披露している芳賀は
「撮影は毎日刺激的でした。物語はもちろんですが、
練習を重ね挑んだアクションにもぜひ注目 してもらいたいです」とコメント。

4.jpg

公開された宣材写真では、芳賀が全裸で女性のお尻らしきものをつかんでおり、
乳首こそ見えないものの豊満な体をあらわにしている。

ネット上では
「よく脱いでくれた」「25歳とはいい時期」と称賛する声のほか、
「おっぱいでけえええ」「こんなに乳でかかったか?」とそのバストにも注目が集まっている。

5.jpg


「11歳でデビューした芳賀は、
ジュニアアイドルのグラビア雑誌『ピュアピュア』(辰巳出版)で
宮崎あおいや長澤まさみなどと同等の人気を博し、

6.jpg


『おはスタ』(テレビ東京系)の『おはガール』 としても活躍していました。

7.jpg

その後、15歳のときにドラマ『仮面ライダー555』で
ヒロインの園田真理役を演じて広く知られるところとなり、

その後も『仮 面ライダーキバ』や『仮面ライダーディケイド』などに登場するなど、
とくにライダーファンの間で馴染みの深い存在です。

8.jpg


ファッション誌 『Seventeen(セブンティーン)』(集英社)の
専属モデルとしても活躍していただけに、プロポーションはバツグンです。

9.jpg


その巨乳はDカップといわ れていますが、
プロモーション用の写真を見ると、もっと大きいように見えますね。

明らかに爆乳化しているので、ヌードには期待できるのではないでしょうか」と、
芸能ライターは語っています。

img7800310366509.jpg


芳賀は同じ事務所の“オシリーナ”こと秋山莉奈と仲がよく、
2010年には代々木に共同運営の「VEGI-FUL CAFÉ」をオープンさせている。

野菜ソムリエや食品衛生管理士の資格も持っているなど、
女優業以外も充実しているように見えるが、
ここに来てフルヌードを披露する狙いはなんなのだろうか。

10.jpg


「30歳を過ぎて行き詰まった女優が脱ぐわけではないし、
清純派としてのイメージを転換させたいというケースでもありません。

表現の幅を広げていき たいという一心でしょうね。




『赤×ピンク』は桜庭の初期の傑作として知られており、
“キャットファイト”という一見非現実的な内容ながらも、
それぞれの女性の成長と恋を描いていることで人気の高い作品です。


また、自らもスタントマンである坂本監督は、アメリカでも活躍した経験があり、
数多くのアクション映 画を制作しています。

それだけに、どんな世界観に仕上がるのかは見ものですが、
ここで“脱げる女優”として存在感を示すことができれば、
これから仕事の幅 が広がっていくのは間違いありません。


アクションもできて裸でも勝負できる20代女優となれば、貴重ですからね。
年のわりには芸歴の長い芳賀ですから、
20代後半に向けて、ここで一皮むけたいという想いなのでしょう」

4.jpg

同作は、芳賀にとって転機となる作品には違いないが、
世の男性諸氏、とくにライダーファンにとっても見逃せないヌードになることは間違いなさそうだ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます